婦人科がん検診

乳がん検査

乳がんの状況

乳がんは女性の罹患率が最も高いがんです。(9万2千人程)
かつては欧米人に多いがんとされてきましたが、近年食生活の欧米化が進んだこと等から、日本女性の感染者が年々増加しています。日本女性の11人に1人が発症すると言われており、女性なら誰でもかかる可能性のあるがんです。

グラフ

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

乳がんは30代から40代の比較的若い年代の人にも多く発症するのが特徴です。30代後半から急増し、40代後半で最初のピークを迎えます。この世代の方は仕事や育児・介護等、ライフステージの中で最も忙しい時期と重なり、ご自分の身体のことを後回しにしてしまい、検診を受診しそびれてしまう方が多くおられます。
乳がんは早期発見できれば、治る可能性が非常に高いがんですが、放置しておけば乳腺の外までがん細胞が増殖し、血液やリンパ管を通って全身に広がってしましいます。早期発見、早期治療が最も大切ですので、定期的に検診を受けることが重要です。
キリンビール健康保険組合では、18歳以上の女性に対し乳がん検査を無料でご提供しています。

グラフ

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

乳がん検査の種類・検査方法

マンモグラフィ検診(乳房レントゲン検診)

乳房内部を「X線撮影」で調べる検査です。
乳房を装置の撮影台に載せ、片側ずつ上下あるいは左右から圧迫して挟みこみ撮影します。

圧迫する際に、痛みを感じることがありますが、リラックスして力を抜くことで痛みが軽減されます。

40歳以上の方は、マンモグラフィがお勧めです。

乳腺が発達している20~30歳代の場合、乳腺密度が濃いため、異常との判別がしにくくなる恐れがあります。

妊娠中の方は受けることが出来ません。

エコー検診(乳房超音波検診(エコー))

乳房内部を「超音波」で調べる検査です。
乳房にゼリーを塗って超音波をあて、乳房内部をモニターで観察します。
手に触れない小さなしこりも発見でき、しこりの性質もある程度わかります。

20~30歳代の方には、マンモグラフィよりも診断しやすいと言われています。
※放射線被ばくの心配もなく、痛みもありません。

受診対象者

  • 18歳以上の女性(年齢基準は年度末3月31日時点)
  • 受診日に健康保険組合に加入している方

今年度75歳になる方は、75歳の誕生日前日までに受診してください。

対象者別の健診コース

在職被保険者
  • 単独検診(18歳以上)
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)
在職被扶養者・任意継続者・
特例退職者
  • 単独がん(女性がん)検診(18歳~34歳)
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)
  • イーウェル一般健診A1コースのオプション(35歳以上)
費用 無料(全額健保負担)

マンモグラフィ」と「乳房エコー検査」はいずれか一方を受診してください。

健診機関都合・自己都合問わず、両方受診される場合は、マンモグラフィは全額自己負担になります。

対象者別の申込方法

在職被保険者
  • 単独検診(18歳以上)
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)

申込方法は以下参照

申込から受診までの流れ~パソコン・スマートフォンをご利用の場合~

受診日はご予約日より2週間以上先の日程で予約してください。

準備

QR

初回登録する※3月16日のAM10:00より利用可能です。

  • 次のURLにアクセスしてください。( https://www.kenkobox.jp/
  • ログイン画面で「はじめてご利用の方はこちら」ボタンを押し、初回登録を行ってください。

注:昨年度「KENKOBOX」に利用登録された方は、初回登録不要です。
初回登録の際に設定したログインID・パスワードでログインしてください。

STEP1

健診機関へ直接電話して予約する

  • KENKOBOXへログインし、「健診の申込/受診券発行」ボタンを押して申込ページへ遷移した後、受診を希望する健診機関を選択してください。
  • ご希望の健診機関へ直接電話をして、受診日時と健診コース・オプション検査または、単独検診を予約してください。

受診日は、お申込日より約2週間以上先の日程で予約してください。

《電話予約時の注意事項》

  • ※健診機関へ伝える内容
    • ・所属団体名称
    • ・代行機関が(株)イーウェルであること
    • ・ご自身の氏名・住所・連絡先
    • ・受診希望の日程
    • ・健診コース
    • ・オプション検査または、単独検診の検査項目
  • ※健診機関へ確認する内容
    • ・食事制限等の注意事項があるか
STEP2

(株)イーウェルへ受診券発行依頼する※予約後3日以内に!

  • KENKOBOXにログインし、予約内容の入力を行ってください。
  • 画面の指示に従って予約された健診内容の申込手続きを行ってください。
  • ■スマートフォンの場合
    入力後、1週間以内に(株)イーウェルから「受診券発行完了メール」が届きます。紙の受診券は発行されません。
  • ■パソコンの場合
    • 入力後、1週間以内に(株)イーウェルから「受診券発行完了メールが届きます。
      KENKOBOXへログインし、受診券ファイルを印刷してください。
      受診券が印刷できない場合は、受診券に記載の予約番号を健診機関窓口でお伝えください。

《注意事項》
万が一「受診券」の記載内容に相違があった場合は、速やかに(株)イーウェルへご連絡ください。

STEP3

受診する

  • 健診機関の指示に従って受診の準備をしてください。
  • 受診当日、以下のものを必ず持参した上で受診してください。
  • ■受診券または受診券に記載の予約番号(※)
  • ■健康保険証
  • ■自己負担金(自己負担金が発生する場合)
  • ■検体容器等(健診機関から届いた場合)
  • スマートフォンの場合、受診券の代わりに、「受診券発行完了メール」に記載の予約番号を健診機関窓口でお伝えください。

    受診日に受診資格を喪失している場合は受診出来ません。(受診した場合は全額窓口負担となります)

  • 受診後、健診機関から健診結果を受け取ってください。(目安として約1ヶ月後)

対象者別の申込方法

在職被扶養者・任意継続者
・特例退職者
  • 単独がん検診(18歳~34歳))
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)
  • イーウェル一般健診A1コースのオプション(35歳以上)

申込方法は以下の添付PDF9ページ以降をご覧ください

子宮頸がん検査

子宮頸がんの状況

子宮頚がんとは
子宮がんは、子宮体部にできる「子宮体がん」と、子宮頸部にできる「子宮頸がん」に分類されます。子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生します。子宮の入り口付近に発生することが多いので、婦人科の診察で観察や検査がしやすく、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要です

グラフ

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」

発生原因
子宮頸がんの発生には、その多くにヒトパピローマウイルスの(HPV)感染が関連しています。HPVは性交渉で感染することが知られています。しかし、多くの場合、感染しても免疫によって排除されます。HPVが排除されず感染が続くと、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。

患者数の統計
子宮頸がんは、日本全国で1年間に約11,000人が診断されます。子宮頸がんと診断される人は20歳代後半から増加して、40歳代でピークを迎え、若い世代に患者数が多いことが特徴です。

キリンビール健康保険組合では、18歳以上の女性に対し子宮頸がん検査を無料でご提供しています。

子宮頸がん検査の種類・検査方法

子宮頸部の粘膜内部を調べて、ヒトパピローマウイルス(HPV)が“がん化”していないかを確認する検査です。検査方法は「医師採取」と「自己採取」がありますが、「自己採取」は検査の精度が低いことから「医師採取」を強くお勧めしています

子宮頸部細胞診検査 (当健保では施設健診で実施)

検査方法

健診機関ごとに若干の違いがありますが、下記のような流れで行います。時間はだいたい5分程度です。

①問診:初潮年齢や生理の様子、妊娠・出産の経験の有無、自覚症状の有無など
   ▼
②内診:内診台にあがり、子宮頸部の状態・子宮の形・大きさ・表面の状態・炎症の有無などを確認します。
   ▼
③細胞診:専用の綿棒やブラシで子宮頸部をこすり、粘膜細胞を採取します。稀に少し出血することはありますが、痛みはほとんどありません。
   ▼
④検査終了:これで検査は終了です。

HPV検査 (当健保では巡回健診で実施:自己採取)

子宮頸がんの原因となる、高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しているかどうかを調べる検査です。

検査方法

自己採取用のキットで子宮頸部付近から粘液を採取します。痛みはありません。

受診対象者

  • 18歳以上の女性(年齢基準は年度末3月31日時点)
  • 受診日に健康保険組合に加入している方

今年度75歳になる方は、75歳の誕生日前日までに受診してください。

対象者別の健診コース

在職被保険者
  • 単独検診(18歳以上)
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)
在職被扶養者・任意継続者・
特例退職者
  • 単独がん(女性がん)検診(18歳~34歳)
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)
  • イーウェル一般健診A1コースのオプション(35歳以上)

一般健診A1コースの内、施設健診では「子宮頸部細胞診検査」、巡回健診ではHPV検査(自己採取)となります。

費用 無料(全額健保負担)

対象者別の申込方法

在職被保険者
  • 単独検診(18歳以上)
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)

申込方法は以下参照

申込から受診までの流れ~パソコン・スマートフォンをご利用の場合~

電話予約だけでは申込みは完了しません。必ず予約後に「受診券発行依頼」を行ってください。

準備

QR

初回登録する※3月16日のAM10:00より利用可能です。

  • 次のURLにアクセスしてください。( https://www.kenkobox.jp/
  • ログイン画面で「はじめてご利用の方はこちら」ボタンを押し、初回登録を行ってください。

注:昨年度「KENKOBOX」に利用登録された方は、初回登録不要です。
初回登録の際に設定したログインID・パスワードでログインしてください。

STEP1

健診機関へ直接電話して予約する

  • KENKOBOXへログインし、「健診の申込/受診券発行」ボタンを押して申込ページへ遷移した後、受診を希望する健診機関を選択してください。
  • ご希望の健診機関へ直接電話をして、受診日時と健診コース・オプション検査または、単独検診を予約してください。

受診日は、お申込日より約2週間以上先の日程で予約してください。

《電話予約時の注意事項》

  • ※健診機関へ伝える内容
    • ・所属団体名称
    • ・代行機関が(株)イーウェルであること
    • ・ご自身の氏名・住所・連絡先
    • ・受診希望の日程
    • ・健診コース
    • ・オプション検査または、単独検診の検査項目
  • ※健診機関へ確認する内容
    • ・食事制限等の注意事項があるか
STEP2

(株)イーウェルへ受診券発行依頼する※予約後3日以内に!

  • KENKOBOXにログインし、予約内容の入力を行ってください。
  • 画面の指示に従って予約された健診内容の申込手続きを行ってください。
  • ■スマートフォンの場合
    入力後、1週間以内に(株)イーウェルから「受診券発行完了メール」が届きます。紙の受診券は発行されません。
  • ■パソコンの場合
    • 入力後、1週間以内に(株)イーウェルから「受診券発行完了メールが届きます。
      KENKOBOXへログインし、受診券ファイルを印刷してください。
      受診券が印刷できない場合は、受診券に記載の予約番号を健診機関窓口でお伝えください。

《注意事項》
万が一「受診券」の記載内容に相違があった場合は、速やかに(株)イーウェルへご連絡ください。

STEP3

受診する

  • 健診機関の指示に従って受診の準備をしてください。
  • 受診当日、以下のものを必ず持参した上で受診してください。
  • ■受診券または受診券に記載の予約番号(※)
  • ■健康保険証
  • ■自己負担金(自己負担金が発生する場合)
  • ■検体容器等(健診機関から届いた場合)
  • スマートフォンの場合、受診券の代わりに、「受診券発行完了メール」に記載の予約番号を健診機関窓口でお伝えください。

    受診日に受診資格を喪失している場合は受診出来ません。(受診した場合は全額窓口負担となります)

  • 受診後、健診機関から健診結果を受け取ってください。(目安として約1ヶ月後)

対象者別の申込方法

在職被扶養者・任意継続者
・特例退職者
  • 単独がん検診(18歳~34歳))
  • イーウェル人間ドックAコースのオプション(35歳以上)
  • イーウェル一般健診A1コースのオプション(35歳以上)

一般健診A1コースの内、①施設健診では「子宮頸部細胞診検査」、②巡回健診ではHPV検査(自己採取)となります。

①施設健診の申込方法は以下の添付PDF9ページ以降をご覧ください

②巡回健診の概要及び申込方法は以下の添付PDFをご覧ください